Loading

子供に愛情が伝わるコミュニケーション方

子供に愛情が伝わるコミュニケーション方法についてお話しします。
子供の年齢によってそれぞれですが、実践できるのは是非実践してみて下さい。

会ったらまず、抱きしめる。
スキンシップの温もりを感じやすい抱擁のパワーは偉大です。
お互い情緒を安定させ、愛情を育みます。

免疫も上がると、言われているほど。
女性が精神的な健康を保つためには一日30回、ポジティブなスキンシップを持つ必要があるとオススメされるほどです。

子供の送り迎えに、「おかえり!」と笑顔でギュッと抱きしめてみるとこから初めてもいいかも知れません。
小学校低学年までは抵抗なくしてくれるなら、習慣としてしまってもいいかもしれません。
小学校高学年になると恥ずかしがるかもしれませんが、人がいなければ案外してくれるものです。

寝る前や送り出す時、どのタイミングでもいいので習慣にしてしまうと大きくなっても欧米の子供の様に「うちの習慣」として受け入れてくれる可能性は高くなります。

中学生、高校生で抱きしめることが難しいなら微笑みかけたり肩をポンと優しくたたいたりするだけでも違います。

大切なのは、帰宅時や寝る前、送り出しにポジティブなアクションを心がけるということです。
子供は、あなたから愛情を受け取り安心、情緒の安定とつながるでしょう。

 

関連記事

  1. 理事長企画抽選結果
  2. 連休最終日
  3. シングルマザーの方にオススメのお仕事①
  4. 明けましておめでとうございます。
  5. 皆様お疲れ様です☺️
  6. 皆様お疲れ様です☺️
  7. おにぎり君です♪
  8. 児童扶養手当
PAGE TOP