Loading

シングルマザーの方が必要な生活費

色んな事情から、シングルマザーになり、月々の生活費にどのくらいお金が必要なのか不安も抱える方も多いでしょう。

安心して生活を、送るためには生活費の目安や受けられる公的助成なども事前に知っておきたい物ですよね。

このブログで、少しお伝えしていこうと思います。

 

○家賃
支払いの割合が大きいのが家賃です。
こちらは、それぞれ大きく異なります。
平均、5〜8万円。
市営住宅や県営住宅など、公営住宅は家賃が安く2〜3万円に設定されています。

また、お住まいの市町村によってひとり親家庭向けの家賃補助制度があります。

○食費
食費はお子様の年齢や、人数によっても大きく異なりますが家計の費目の中では一番節約しやすいです。
あまりにも、節約しすぎると健康を損ねたり子供の成長に影響が出てしまうため注意が必要です。
子供の年齢が低ければ、未就学児1人などで1ヶ月あたり3万円程度。
小学生以上の育ち盛りの子供2人以上ですと、1ヶ月あたり4万円〜を目安にするといいでしょう。

○光熱費
水道、ガス、電気代などは、居住している地域や住宅の広さ、季節など月ごとに変動がある費目です。
お子様の人数が多いほど高くなる傾向があります。

一般的には1ヶ月あたり1万5千円〜2万円位は見積もっていたほうがいいでしょう。

○交通費、雑費
生活していくのに、色んな日用品も必要です。

日用品で必要な雑費として、1ヶ月あたり5千円〜1万円程度は見積もっておきましょう。
突然な出費などに困ることのないよう、冠婚葬祭や交通費などもある程度、備えておくと安心です。

その他、子供とのお出かけやレジャーなどをするのなら子供の人数にもよりますが、1ヶ月あたり1〜2万円程見ておきましょう。

○通信費
固定電話、携帯電話、インターネット、など。
格安スマホなどもあるので見直しをしてみるといいでしょう。

○教育費
お子様が通っている学校により異なります。
小学校、中学校、高校。
小学校から高校まで公立の場合は、給食費や学年費、PTA会費、高校の授業などで1ヶ月、1〜3万円程必要です。

公立の学校に通わせた場合、就学援助制度などがあるため申告すると、これらの費用が援助されることがあります。
(所得制限等条件あり)

○医療費、保険料
自治体によって、異なります。
医療費助成制度があるためそちらを利用すれば負担が軽減されます。

パートやアルバイトなどで、社会保険に加入出来ない場合、自分で国民健康保険に加入する必要があります。

 

これらの計算から大体1ヶ月合計いくらかかるのか計算すると、未就学児の子供1人育てていく場合は、生活費だけで13万円程度です。

子供の成長にしたがって増えていく傾向にあります。
あくまでも、目安です。

参考に、なれば嬉しいです。

関連記事

  1. 皆様お疲れ様です☺️
  2. YouTube
  3. 三連休どうお過ごしですか?
  4. ブログについて
  5. オススメのお仕事②
  6. 身体を冷やす食べ物
  7. 貯金0から貯金上手へ
  8. 児童手当
PAGE TOP